スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『ミュンヘン』 

ミュンヘン
TM & (C)2005 DREAMWORKS LLC. / Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.




評価・・・







ストーリー


ミュンヘン・オリンピックの最中、イスラエル選手団が何者かに襲われた。イスラエル側はテロリストの犯行とみなし、復讐を計画する。暗殺チームのリーダーに任命されたアヴナー(エリック・バナ)は、11人の標的を次々に消していくが……。







感想<ネタばれあるかも!!




オリンピック全開の、今時に見てきました。


ミュンヘンのオリンピックの時に起こった、実はを元にしたテロの話。




CMを見て、アクションぽい歴史映画だと思っていた自分。


無知でした。そして、重い映画。




パレスチナとユダヤ、アメリカなどが背景にあり、そのことをサスペンス風にしたてあげたものでした。


自分自身、まったくユダヤやパレスチナの問題は無知だったので、少し予習をして見ればもっと面白くみれたと思います。




この映画の本題は、、、


主人公も含め復讐をする人たちの、苦しさや自分を問い詰めていくということなんだなぁと感じました。


テロの犯人を殺して行く度に、主人公の罪の意識が変わっていく。




テロが起きる⇒復讐⇒やり返す⇒復讐⇒復讐・・・


この連鎖がずぅうっと続いていくんですね・・・・。




主人公は最後に、この連鎖をとめるために情報を与えていた人の情報を教えません、


最後には、主人公は平和を望んでいたんでしょう。








平和が一番。


戦争反対、テロ反対!!




スピルバーグはテロの犯罪者ではなく、人は人というような感じで描いていました。






まぁまぁ長い映画でしたが、最後まで引き込まれ最後には考えさせられ本当にいい映画でした。




きっとアカデミー賞の何かはとれるなっ。 ぅん。!!


スポンサーサイト

映画「ミスティック・リバー」 








評価・・・6点




ストーリー


ジミー、デイブ、ショーンの3人の少年たちが路上で遊んでいると、警官を装った誘拐犯が現れデイブだけを連れ去り、監禁し陵辱する。それから25年後、ジミー(ショーン・ペン)の愛娘が殺害され、刑事となっショーン(ケヴィン・ベーコン)が捜査にあたり……。感想





う~ん。


この作品はあんまし好きではないです。


男優さん?アカデミー賞を取っていますが、、、確かに演技力は抜群!!だと思うんです。


ストーリーに問題?


どうなんだろう、あまりにも重過ぎる話題だったので自分の心の整理がつかなかったっぽいです。


ラストが暗い映画ってあんまり好きじゃないんですょね。


でも、心に訴えかけている何か!がある映画です。


いい映画。といえばそうなんです。


あまりにも重過ぎたのです。w




ワーナー・ホーム・ビデオ

ミスティック・リバー




映画「Mr.&Mrs. スミス」 





評価・・・8.5




ストーリー


南米のエキゾチックなホテルで、警官が暗殺者を探して個人で宿泊をしている客をかたっぱしから尋問していた。それぞれ個人宿泊者だったジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)はお互いをカップルと偽り尋問を逃れる。




感想


壮絶な、夫婦喧嘩見れましたぁ!!w


正直なところ、めちゃめちゃ期待していたので、この評価ちょっと低いかも・・・w


前、中前、中後、終とわけると正味なところですが、


中前までは寝そうになりました。


ちぃと、すれ違い夫婦の場面が長かったです。


アンジェとブラピの絡みはお笑いものでした。


でも②


中後からは!!


激しぃ~~~アクション。満足。


ほんとに・・・・。はじめは中前で終わるような展開になっていったので、え?


こんなアクションが少ない・・・これで終わるのとか思っていたらさぁ大変w


これでもかっ!ってほどアクションシーンを見れます。


かっこいい!!でも、アンジェリーナのアクションシーンは、映画のトゥームレイダーと被ってしまいました。




ブラピのアンジェもかっこいいし、美人だし。


今は本当に付き合ってるしw


正直、本当に映画でも現実でも。結婚してほしいなぁ!!この二人には。




この映画は劇場に足を運んで見たほうがイイと思います★




納得できる面白さでした★






キャシー デュボウスキー, 小島 由記子

Mr.&Mrs.スミス








映画「マシニスト」 

評価・・・6.5







ストーリー


極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)。自宅で不気味な貼り紙を見つけ、新しい同僚に出会って以来、彼の周囲で奇妙な出来事が頻発する。誰かが自分を陥れようとしていると感じたトレヴァーは、疑心暗鬼になっていく







感想


凄い小気味悪い映画でした。


ストーリはまぁまぁちゃんとしている映画でした。クリスチャン・ベイルが約30キロも減量している!!


とてもリアルでだいぶ、気持ち悪いww


ぅうん・・・。


最後のオチまではまぁまぁ緊張感があって、どうなるんだろう!!って思っていました。


でもオチが、ネタばれ!!↓↓反転してみてください!!


たぶんですが・・・映画ファイトクラブと同じで、多重人格?みたいな映画でした。


もうちょっと面白いオチを期待していたので、ちょっと残念でした。


でも、面白くないわけではないので!!


初めから終わりまで、緊張感あり②でよかったです。w





アミューズソフトエンタテインメント

マシニスト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。