スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」 




評価・・・5点




ストーリー


母親を亡くし、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリー(ダコタ・ファニング)は、チャーリーという名の友達が出来るが、その姿は父親(ロバート・デ・ニーロ)には見えなかった……。




感想


シックスセンスを超える??そんな宣伝してませんでした?


それはいいすぎですょ。w




ラストが面白いという宣伝の映画最近多いです!!


でも、この映画、、あの映画にオチが似通ってる。


あの映画とは、、、↓ネタバレになるから。。見たい人は反転してちょ☆



ジョニーデップのシークレットウィンドウ。


多重人格の映画ですね。




う~ん。


さすがdesuダコタちゃんの演技はすばらしいの一言。


でもそれだけ・・・・。




でも自分は最後まで、誰が犯人かわからなかった身です。


だまされやすい肌なので。w




まぁ、オチを期待しすぎてはなりませぬ!!!w










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://potelsa.blog57.fc2.com/tb.php/43-5f9094fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。