スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『SAW』 

評価・・・10点そして 最強。




ストーリー

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、

ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。

足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋にはいくつかアイテムがあり、

その中から2人は自分たちがおかれている状況を把握しようとするが……。




感想

この映画は久々にオチにやられた~って思った映画でした。

この映画ほかの人のレビューをよんでたら名作「セブン」

とよく比較されてます。(けど、何か違いますよ。

密室だからぁ・・・。CUBEとか?これもちょっと違うかな?)

けど、比較するのもわかるぐらい、いい映画だと思います。

で、、、監督と主演のジェームズ・ワン は大好きな映画のMATRIXの

2部目のアクセル役で出てたそうな・・・。

全然きずかなかったです。

ちょっと話がそれました・・・。

ラストの事なんですが、たぶんあんまり予測できた人はいないかも、

映画の中で何度もヒントを言っていたけどね・・・


これ以上いうとネタバレしそう。。。。だから以上で・・・。

とりあえず、衝撃度が凄すぎて、かなり余韻残る映画でした~。

最高!!!

是非是非観てくださいね~




                   

                   角川エンタテインメント

                  SAW ソウ DTSエディション





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://potelsa.blog57.fc2.com/tb.php/8-6632db5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。