スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ブレイド2」 




評価・・・6点







ストーリー


ブレイドは呪われた運命に復讐すべく武器発明の天才、スカッドを相棒にヴァンパイア・ハントを続けていた。そんなある日、ブレイドのもとに宿敵ヴァンパイア、ダマスキノスの娘がやってきて休戦を持ちかけてきた。かつてない最強の敵が出現したのだ。その敵とはスーパー・ヴァンパイア“死神族(リーパーズ)”。リーパー菌に冒された彼らは、超人的な運動能力とパワーを備え、ひたすらに血を吸い尽くし、旧世代ヴァンパイアをも餌食にしてしまうのだ。そんな強大な敵を前にブレイドはダマスキノスらとチームを結成、リーパーズ撃退に乗り出すのだった……。







感想


ブレイド3を借りたのでその前に前作のレビューを・・・。


ううぅん。いまいちかな?


なんというか、ストーリーは初めから、違う世界の話なのでwおいておいて。


映像の問題を・・・


CG?が雑です。高くジャンプするときにぎこちない動きになったり、なんせ中途半端。


CGならMATRIXぐらいを求めます。w


自然にジャンプとかして欲しいぐらいですね☆


でも、ヴァンパイヤを倒すときに燃える?っぽいのは凄いと思います。


ちゃんと、すべてがきちんとしたCGをして欲しいです。






ポニーキャニオン

ブレイド 2 ― コレクターズ・エディション



映画「僕の彼女を紹介します」 

評価・・・7点





ストーリー


熱血婦警のヨ・ギョンジン(チョン・ジヒョン)は窃盗犯の男(チャン・ヒョク)を捕まえたが、彼は善良な市民の高校教師であることが判明。その後非行青年取り締まりのパトロールで再会した2人は、ある事件に巻き込まれてしまう。





感想


あんまりいい評価はされてないみたいですが。。。。自分はいいかなって・・・。


確かに、ストーリで、強引な部分はありましたが、映画デスカラァ!!って思ってみました。


前にも書いたかも知れませんが、自分は、今やってる「私の頭の中の消しゴム」よりはよかったです★


チャン・ヒョクの顔が優しそうで。チョン・ジヒョンも裏表が出てる感じでよかった。




でも、マイナス!!POINTが一個。


回想シーン?で幽霊?登場は、、、ちょっと、あれは引きました。


どうなん?あれは。。。


けど、感動させるシーンみたいだったし、。






でで、、最後に映画「猟奇的な彼女」の特別映像があってよかったです♪


あ!!!!!!!観たいな。


また猟奇的な彼女のレビューも書きます★







ワーナー・ホーム・ビデオ

僕の彼女を紹介します

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」 

評価・・・6.5


ストーリー


17世紀、海賊たちが大海原を荒らしまわっていた遥かなる時代。カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスはかつて海上で助けた少年ウィルが身につけていた黄金のメダルを手に入れ、今も密かに保管していた。そんなある日、突然ブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ率いる冷酷な海賊たちが町に現われ、エリザベスがさらわれてしまう。海賊の目的は、彼女がその時身につけていた例のメダルだった。一方、鍛冶屋で働く逞しい若者へと成長したウィルは、幽閉されていた元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組み、エリザベスの救出に向かうのだが…。




感想


この映画、この評価だと批判くらいそですが・・・。


自分は、そこまで好きではありません。一緒に観たまわりの人はオモロイっていってましたが、波に乗れず・・・。↓↓


面白くない!!訳でもなく・・・。面白い!!訳でもなく・・・。


たぶん、映画自体が少し長いってことが原因・・・(**;;)




でも②ジョニーさんの演技は好きですょ。これは、真剣な役ではなくて、ちょっと抜けてる、船長役。


チャーリーと・・・と同種類の感じ。




映画じたいは月に当たると骸骨になるCGの使い方とか凄いなぁ!って・・・。あとは音楽ですね♪盛り上がりがあります。サントラはちょっとほしいかもねっ ぇ・・・。




自分がこの映画で、いやだったのは、最後の最後でのあの猿!!


あれで、減点みたいなところも・・・。いままで、のことは何??はぃ?みたいな。




今は、続編を作ることがわかっていますが、観たときは、ハイだめ。って思ってました。


続編がでたらたぶんみるかなって・・・。




そんなこんなで、好きでもなく、嫌いでもない映画パイレーツ・オブ・カリビアンのレビューでした。




ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション




サントラ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち オリジナル・サウンドトラック 特別盤(CCCD)







映画「バレットモンク」 

評価・・・




ストーリー


強大なパワーを秘めた奇跡の巻物を守るために、二人の男女とともに悪の組織と戦う名前を捨てた不死身のチベット僧の姿を描いた拳銃アクション。




感想


え~・・・。


ちょtt微妙・・。ストーリ的にはMATRIXをいじり倒した感じでした。


とりあえずB級の映画ですので、ストーリーは無視してください。


とりあえず、アクション!! だけでいいって人は是非みてください☆☆


たまにですが、おぉ!カッコいいなとか 思うところも ちらほらと。。。


見る人の基準?は・・・。


暇な人で、MATRIXのアクションを見ていいなぁと思った人です。




たまにですが、MATRIXでも言ってたぞ!!っていうセリフがちらほらありましたぁ・・・。


以上です。






アミューズソフトエンタテインメント

バレットモンク




映画「バタフライ・エフェクト」 

評価・・・




ストーリー


幼い頃、ケイリー(エイミー・スマート)のもとを去るとき、エヴァン(アシュトン・カッチャー)は、「君を迎えに来る」と約束した。だが時は流れ、ケイリーとエヴァンは全く別の道を歩んでいた。




感想


なんか、久しぶりに変わった映画で面白い!!と思える映画でした。


なんて言うか・・・バックトゥーザフューチャー!!をスリラーにした感じ。


始ってからスグにえ?どうなる??え?見たいな・・・。簡単な時間軸ずらしです。


ドキドキっとする場面もあり、緊張感を最後まで保てましたぁ。


で。。。


彼女を助けるためタイムスリップ。でも行ってはならない方向に・・・。


最後には、キャッチフレーズ?の切ないハッピーエンド、始まる。君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。・・・


と言うのがぴったり当てはまりました。過去に戻れるけど・・・ みたぃな。


っぇと・・・。ブックマークをさせてもらっているImagination From The Other Side
さんのページで知ったのですが、「デッドコースター」という映画の脚本を書いた二人がこの映画を手がけたそうで・・・・


道理で面白い訳ですょ・・・。


デッドコースターのレビューは又、明日にでもしたいとおもいます。


ストーリがとにかく上手なので、サスペンス系が好きな方はDVDも出てますので、是非一度見てください。


それでゎ。














ジェネオン エンタテインメント

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。