スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「セルラー」 

評価・・・




ストーリー


高校の科学教師ジェシカ(キム・ベイシンガー)は、愛する夫と11歳の息子リッキー(アダム・テイラー・ゴードン)とともに幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然、ジェシカは見知らぬ男たちによって監禁されてしまう。そして、壊れた電話を修理し、SOSの電話を・・・




感想


しょうみオモシロイです。w


ストーリーは簡単。


ある理由でジェシカが監禁されてしまう、そのとき、監禁された部屋には電話が!!


しかし、犯人によって壊されてしまうがジェシカは必死に電話をつなげる、すると、見知らぬ男が出て援助。みたいな話です。




なぜ、監禁されたとかはどうでもいい感じでした。




この映画は、題名のセルラー(携帯電話)がものすごく重要なポイントとなっている映画です☆


切れてしまえば、終わってしまう。


携帯電話の特徴(電波とかetc・・・)をかなり生かしていて、ハラハラさしてくれる映画です。


テンポが、いいのであっという間に終わってしまうってかんじです。


リアルなストーリーを求めてはいけませんょ。この映画でゎ。


あくまで娯楽サスペンスアクションとしてご覧ください。


それでゎ。












アミューズソフトエンタテインメント

セルラー


映画「JSA」 



評価・・・


ストーリー

南北分断の象徴である38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。生き残った南北の兵士たちは何故か互いに全く異なる陳述を繰り返した。両国家の合意のもと、中立国監督委員会は責任捜査官として韓国系スイス人である女性将校・ソフィーを派遣。彼女は事件の当事者たちと面会を重ねながら徐々に事件の真相に迫っていく。そこには全く予想外の「真実」が隠されていた……。
感想

すんごいいい映画でしたぁ。

男の友情を感じさせられる映画でした。

この映画、38度線の歴史映画じゃなくて、サスペンスチック・・wな感じになっています。


時間軸の設定がGOOD!!


最初は???はぃ↑?みたいな映画ですが、最終的には一つにつながる。


韓国の映画でもTOPレベルの映画でした。


そして②ビョン様?ってやっぱり演技うまいです。目の動きとか、、、




そして、韓国と朝鮮の南北対立について深く考えさせられました。


やはり戦争は絶対反対。




本当にイイ映画です。悲しい中にもイイものが得れます。


韓国の映画好きな人も、、それ以外の人も是非みてください。






      


   アミューズソフトエンタテインメント

           JSA












映画『スナッチ』 



評価・・・
ストーリー

1個の大粒ダイアモンドを巡って悪くてタフな連中が騒動を巻き起こすポップでスピーディな群像劇。ラビに扮装した強盗団がベルギーの宝石業者を襲い86カラットのダイヤを手に入れる。一味はフランキーにそれをニューヨークのボスのもとへ届けるよう指示する。しかし、フランキーは途中立ち寄ったロンドンでダイヤを狙う男たちの罠にはまり監禁されてしまう……。
感想

なんか、凄い!!映画でした!

映像、音楽がかなりスタイリッシュでした。

テンポが凄いィィです。

でも、少し、暴力的な映像も・・・オチがあぁ!って驚かされましたしね。。。

これくらいです。

オチが変わってる映画が好きな方は面白く感じると思います。






ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スナッチ







映画『シークレット・ウィンドウ』 

評価・・・




ストーリー

妻と別居中の売れっ子作家モートが、シューターと名乗る謎の男

から盗作疑惑をかけられる。最初はその訴えを軽くあしらう

モートだったが、周囲で不可解な事件が続発し、精神的に

追い詰められていく。




感想

スティーブン・キングの小説の「秘密の窓、秘密の部屋」っていうのを映画化したやっ・・・。


難しいです。(;□;)!!

前半はハッキリ言って、かなりダラダラしてました。

面白かったのは最後の20~30分位です。

前半の事を考えると、、。。この点数です。

巻き返しがすごかったです。

かなり、余韻が残ります。。余韻ってか謎?なんかな.....。

ジョニーsanはパイレーツ・オブ・カリビアンの印象強すぎます。

けど、本当に演技のうまい男優さんだ!とあらためて思いました。




                 

           シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション





映画『SAW』 

評価・・・10点そして 最強。




ストーリー

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、

ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。

足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋にはいくつかアイテムがあり、

その中から2人は自分たちがおかれている状況を把握しようとするが……。




感想

この映画は久々にオチにやられた~って思った映画でした。

この映画ほかの人のレビューをよんでたら名作「セブン」

とよく比較されてます。(けど、何か違いますよ。

密室だからぁ・・・。CUBEとか?これもちょっと違うかな?)

けど、比較するのもわかるぐらい、いい映画だと思います。

で、、、監督と主演のジェームズ・ワン は大好きな映画のMATRIXの

2部目のアクセル役で出てたそうな・・・。

全然きずかなかったです。

ちょっと話がそれました・・・。

ラストの事なんですが、たぶんあんまり予測できた人はいないかも、

映画の中で何度もヒントを言っていたけどね・・・


これ以上いうとネタバレしそう。。。。だから以上で・・・。

とりあえず、衝撃度が凄すぎて、かなり余韻残る映画でした~。

最高!!!

是非是非観てくださいね~




                   

                   角川エンタテインメント

                  SAW ソウ DTSエディション





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。